部屋のコーディネートの要になるラグを選ぶときの重要点

SITEMAP

RUG

ラグを選ぶとき、何を重視して選びますか?

赤いラグ

ラグは大きさも毛足の長さも色柄も様々なので、選ぶときにとても悩みませんか?ラグは大きければ大きいほどインテリアの一部としての存在感がありますので、お部屋の雰囲気を変えるために模様替え感覚でラグを変えたり、季節ごとにラグの素材を変えたりすることで、お部屋の雰囲気をガラっと変えることのできる重要なインテリアです。
ラグを選ぶときにどんなところにポイントを置きますか?例えば素材重視だとしたら、夏なら毛足の短い清涼感のあるジュートやインド綿、シャリ感のあるリネンなどが混ざったものも良いでしょう。またい草のラグなども人気があります。冬なら毛足の長いものや、ウールのもの、電気カーペットの上に敷けるタイプのものなどもあります。また赤ちゃんや小さいお子様がいる家庭の場合は、汚れてもしみ込まずにすぐ拭けるものや、丸洗いできるもの、自然素材のもの、ホコリが立ちにくいものなどが人気です。
次に色柄ですが、これはお部屋との相性がありますので重要です。無地なのか柄なのかによってもかなり雰囲気は変わりますし、ラグだけが浮かないようにお部屋になじむものにするのか、または敢えてインパクトのある柄物にしてインテリア性を重視するという方法もあります。どちらにしても、色は無地でも柄でもお部屋と同系色にするとなじみが良くなっておしゃれ感が増すでしょう。

部屋のコーディネイトの要ともなるラグ

ラグとは、床などに敷く敷物のことで、部屋をコーディネイトする時にはかなり重要なものとなります。部屋全体のコーディネイトを考える時、面積の大きい物は部屋の印象を決めてしまいます。壁や床などの色合いを統一したり、部屋全体のテーマを決めてまとめたりしても、ラグが変わるだけでイメージも変わってしまいます。
部屋のカラーを統一したいなら、ラグもそのカラーに合わせる、または落ち着いたあまり目立たない色合いの物にしなければなりません。ただ、ラグで遊び心を出して思い切った色合いの物にするとか、コーディネイトを考えた上でちょっと個性的な柄を選んでみるのも面白いでしょう。
ベッドや机など他の家具では出しにくい遊び心が出せるのも、ラグの魅力ですね。また、ラグのカラーを部屋の差し色として使う方法もあります。例えば、北欧のインテリアではシンプルな色合いの中に差し色を上手に効かせています。
全体は白色で統一して差し色に青を使ったり、落ち着いた色合いの中で黄色や黒を使ったりと、部屋の全体像を考えながらラグを購入しましょう。ラグの良いところは気軽にイメチェンできるところ、今のコーディネイトに飽きてしまったら、ラグを交換する、ラグを敷くだけで部屋のイメージを変えることができるので、楽しんでいきたいですね。

ラグ選びには、メンテナンス方法も基準に入れる

テーブルの下にちょっとしゃれたラグを敷きたいと考えている方は多いと思います。ラグは、部屋にアクセントを付けることもできますし、季節感を演出することも出来ます。そのコンパクトさから、カーペットや絨毯とは違って、比較的手を出しやすいものです。ラグ選びは、色や模様、けあしの長さなどを基準に選ばれると思います。
しかし、ラグ選びには、大事な基準がもう一つあります。それは、メンテナンスの方法が貴方の生活習慣にフィットしているかどうかです。小まめに掃除や洗濯など、部屋の片づけが得意な方には、手軽に自宅でクリーニング出来る物を選んでおくと、汚れの気になった時にサッと洗えて気持ちよく使う続けられます。また、シーズン毎に幾種類かのラグを使い分けると、それを機にメンテナンスすることが出来るので、長く使い続けることが出来ます。
反対に、忙しくてあまり掃除や洗濯など家事に時間を掛けられない方は、ワンシーズン限りの使い捨てとしてラグを捉えると言う考え方もあります。いずれにしろ、床に敷かれたラグには、思っている以上に汚れが溜まりますので、どういう風にメンテナンスして使い続けるかをラグ選びの時の基準のひとつに加えると良いでしょう。ラグを購入する際は、取り扱い方法をきちんと把握しておくのが重要です。


ラグをお探しならこちらからお調べください!
さまざまな用途に合ったラグが探せます。ラグにもいろいろと種類があり、機能性も異なります。自分の用途にあったラグを選べるというのはかなり大きいと思いますので、ラグ選びならぜひこちらをご活用になることをおすすめいたします。

POST LIST

CONTENTS

TOP