部屋のコーディネートの要になるラグを選ぶときの重要点

SITEMAP

RUG

ラグで変わる貴方の部屋

一般的には床一面に敷く絨毯をカーペット、一部分に敷く物をラグと言います。日本では長く畳の文化であったためカーペットやラグをインテリアに使うようになったのはここ数十年の話です。手織りで作られた物をラグ、機械で作成した物をカーペットと呼ぶ事もあります。数万円台の高級素材を使用したオーダーメイドのラグや、二千円以下で気軽に購入できるラグまで値段の幅は広いです。
お気に入りのラグほど長く気持ちよく使いたいもの、ダニの巣にならない様に掃除は定期的に行いましょう。掃除機は毛足の流れに逆らうようにしてかけます。奥に入り込んだ髪の毛を取りたい時はゴム手袋をはめた手で擦ると簡単に取り除けます。一ヶ月に一度は飲み物などを零して落ち切らなかったシミを薄めた中性洗剤に浸した布で拭きとりましょう。汚れが落ちたらしっかりと仕上げ拭きを行います。
お部屋のインテリアに合ったデザインで選ぶも良し、季節毎に素材の違うラグを買うも良し、防音目的でラグを使う人もいます。また少し小さめのラグはタペストリーの様に壁に飾るとそれだけでインテリアにこなれている部屋にする事が出来ます。壁紙を張り替えるよりも手軽にお部屋の印象をチェンジ出来るので、賃貸で大掛かりな模様替えが行えない方でも部屋の雰囲気を変えられます。

CONTENTS

TOP